栗山龍太official site

はがきアイコン

実績紹介

  • その他 金沢少年少女合唱団リアルビクトリー初演 2019.05.09
                         

    音楽人生最大の感動を体
    県内老舗の「神奈川少年少女合唱団 第46回定期演奏会」。小学校1年生から高校生に加え、そのOBで活動している団員も含め総勢約50人のみなさんの大合唱でした。
    物語のような組曲や難易度の高い無伴奏の合唱、コーラスワークに圧巻でした。
    声の表現力の高さと力強さに心が震えました。そして、最後の曲としてリアルビクトリーを世界で初めて合唱してくださいました。2回も!!(僕は客席で1回、ステージ上で1回聴きました。手引きしてステージまで誘導してくれた小学生のお二人ありがとう。)

    6月3日にリアルビクトリーの合唱譜面を届けて以来、ずっと楽しみにしてきました。

    神奈川県合唱団顧問の平井保先生の手により、この楽曲にみんなの声と工夫でこんなにも力強い魂を吹き込んでいただけたのかと思うと、感慨無量です作曲冥利につきます
    舞台挨拶の際はあまりに胸がいっぱいで合唱団の皆様や平井先生にも十分なお礼も言えず、いつものMCよりもさらに磨きのかかった、たどたどしいかみかみの挨拶になってしまいました。アンジーのあきれた様子満載の大きなのびで、会場も大笑い。なんとか場が持ちました。
    また今回この歌のためにドラムやフルートをくわえてくださり、合唱との絡みもさらに軽快なものとなっていました。重いドラムを持ち込み苦労して練習してくださっていた経緯も知り、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

    平井先生はこの歌はたくさんの人で歌うと生えるよといってくださいました。この言葉をもとに今後とも合唱曲としてパラリンピックの選手に少しでもエールが送れるようにがんばります。

    合唱の素晴らしさに出会えたことに感謝!

お問合せ・アーティストへの
ご連絡等はこちらから